利益を得る理由

寝室

家で静かにしているときに、突如大きな声とともに現れる廃品回収の軽トラック。大きい声にいらいらする時もありますが、どうしてこんなにもうかるのか、不思議ですよね。そのわけを話したいと思います。まず、廃品回収の業者が物を回収します。たとえばテレビにしましょう。しかし、テレビなどを廃品として回収してしまうと、違法となって処罰されるので、まだ使うことのできる品として回収することで、免許なしで回収できるというわけです。そして業者に販売という形式で引き取ってもらうことで、廃品回収の業者はもうかるというわけです。しかし中にはリサイクルという名目でやっているところがありますが、それは違法性があるので使わないようにしましょう。

テレビを引き取った廃品回収業者は、1部の綺麗なものは直接ジャンク品や中古品としてオークションに出品され、その儲けが業者に入ります。しかし少し汚いものは、海外に輸出されます。輸出業者に売却するか、個人バイヤーに売り払うかをして、輸出されます。そのあとはアジアなどで資源として再利用されたり、あるいはそのまま再利用されたりします。  もう使わなくなったものがあるのなら、むやみに捨てるのではなく、廃品回収などの業者に頼った方が、環境にも優しいですし、家電リサイクル法という法律でも罰せられる心配もありません。ですが、違法業者の中には多額の回収料を取られるので、そこは避けるように注意して、正しいリサイクルをしましょう。